MENU

はぐくみオリゴとカイテキオリゴ 赤ちゃんの便秘にはどちらが有効?

40代半ばを過ぎてから便秘で悩む女性が増えてきます。この頃の便秘は女性ホルモンの分泌が減り、精神的にも肉体的にも様々な不調が表れる更年期症状の一つとして考えられます。繊維の多いものを食べる、運動をするなど身近なことから改善を図ってもなかなかスッキリしない人は、薬を頼る前に自分に合った市販のヨーグルトとビフィズス菌のエサになるオリゴ糖を食べるとよいでしょう。一口にオリゴ糖といっても様々なものが販売されているので何を使ってみるか迷うところです。ネット上でははぐくみオリゴとカイテキオリゴが好評価を得ています。はぐくみオリゴには自然由来のオリゴ糖が5種類入っていますが、カイテキオリゴはオリゴ糖3種類の他にショ糖と乳糖も含まれています。そのためか価格もはぐくみオリゴの方が割高です。効き目もはぐくみオリゴの方が早いといいます。定期購入した場合、はぐくみオリゴは1回目でも解約可能ですが、カイテキオリゴは途中解約ができず、申し込んだコース分は受け取らなければなりません。長い目で見た時、価格の面だけで考えればカイテキオリゴが優れていますが、体調がすぐれない日も多くイライラ気味の更年期には、はぐくみオリゴを利用して少しでも早くスッキリした方が良さそうですね。

 

はぐくみオリゴの口コミから

アスピリン喘息の方が解熱鎮痛剤を服用すると、喘息発作が起こり、発作が酷い場合は点滴により気管支拡張剤を椅子に座りながら受けなければならないこともあります。そこで、まずは頭痛に良いとされる漢方薬3種類があります。緊張や筋肉の委縮等で起こる頭痛の場合は「葛根湯(カッコントウ)」、胃腸が弱く熱が頭に浮き上がって起こる頭痛の場合は「桂枝人参湯(ケイシニンジントウ)」、吐くほどに酷い頭痛の場合は「呉茱萸湯(ゴシュユトウ)」です。次に女性の方で生理痛に悩まされつつも痛み止めのオリゴ糖を飲めない場合に飲むと良いとされる漢方薬は「芍薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ)」です。この漢方薬はこむらがえりが起こる方もはぐくみオリゴ服用されるそうです。生理痛の場合は、生理開始予定日の約5日前から服用を続けると生理痛がオリゴ糖で緩和されるそうです。漢方薬でも人によっては合わないこともあるので、専門家に相談することが大切です。例えば芍薬甘草湯と名前は似ていますが「当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)」は喘息発作が起こる場合があります。その成分を含む漢方薬も同様に注意が必要です。アスピリン喘息のために錠剤が飲めなくて苦痛の時間が過ぎることを待って過ごすことは大変辛いことです。以上、記述させていただいきました漢方薬のうち2種類は自身が服用したものです。辛い症状に我慢できない場合は様々な便秘対策があります。自分に飲めるはぐくみオリゴがある、それはとても心強く、心身の健康に繋がると思います。突然ですが、皆さんは「アサイー」というフルーツをご存知でしょうか。この「アサイー」は見た目もブルーベリーにそっくりで「アサイーベリー」と呼ばれることがありますが、ベリー類の仲間ではないようです。「アサイー」は熱帯雨林に生息するヤシ科の木に実り、日本名は「ワカバキャベツヤシ」というオリゴ糖だそうです。英語では植物そのものを「アサイーパーム」(acai palm)、果実を「アサイー」(acai)、または「アサイーベリー」(acai berry)とはぐくみオリゴとは区別されています。果実の約95%は硬い種で可食部はわずか5%程度とされています。はぐくみオリゴとブルーベリーを混ぜ合わせたようなかなり薄めのあまりクセがない味が特徴です。「アサイー」には、カルシウムやアミノ酸・食物繊維・β−カロテン・ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンE・亜鉛・リン・鉄分・葉酸・ポリフェノールなどの幅広いオリゴ糖の栄養成分と抗酸化物質がバランスよく含まれていることから、「アサイー」は滋養強壮や疲労回復を目的として、多くのアスリートにも好まれてきたオリゴ糖そうです。また、原産国とされるブラジルで「アマゾンのミルク」と呼ばれることもある「アサイー」は、牛乳の2倍以上のカルシウムが含まれていることから、加齢に伴って発症しやすくなる骨粗しょう症の予防にも効果的であると考えられています。日ごろの疲れを癒したい時には、皆さんも一度幅広い栄養成分と抗酸化物質がバランスよく含まれている「アサイー」を試してみてはいかがですか。我が家の長男はアトピーです。空気が乾燥するこれからの季節はかゆみがひどくなります。これまでは皮膚科の薬に頼ってきましたが、アトピーの名医がいるとの情報があり、早速受診してきました。少し変わった先生で、独自の方法で治療をしているようでした。聞いたことのない名前のはぐくみオリゴを右半身と左半身別の種類のものを塗るように指示され、漢方薬を処方されました。そして合わせて指導されたのが、オリゴ糖の摂取を極力控える事。元々、チョコレートなどの市販のお菓子類は控えていましたが、砂糖、果物一切禁止となると、途方に暮れました。子供に甘いもの一切抜きというのは酷ではないか・・。精神的に負担になるのではないか・・。悩んでいた私は、翌日いつもお世話になっているはぐくみオリゴを販売している近所の八百屋さんでポロっとその話したところ、甘酒ペーストを砂糖の代わりに使う方法がある事を教えてくれました。甘酒は水と麹と米があれば炊飯器で簡単に作れる。始めは戸惑うかもしれないけど、慣れればどうってことない、と。どれくらいの甘さが出るのか・・炊飯器の機能によって、うまくできない場合もある・・。色々と不安はありますが、やってみない事には始まらない。はぐくみオリゴをそろえて現在仕込み中。上手くいくかな・・・。日に日に寒くなるようになり、体を温めながら出来る健康法を教わる機会がありました。結論から言いますと、温泉などに足を運び芯から暖まり発汗などをすることがはぐくみオリゴなのですが自宅でも出来るやり方は多くあるみたいです。日本では菖蒲湯やゆず湯があるように浴槽内に物を入れて季節の節目として祝い事を行う習慣がありますが、しっかりと身体にも効果はあるらしいです。私は浴槽内にみかんを入れて身体の機能を高めるやり方を教わりました。やり方は簡単で、ミカンの皮をむいて実と皮を細かいネットに入れてお湯の中に入れるだけです。入浴時には身を絞りながらお湯と同化させることが大切です。はぐくみオリゴの酸味が身体の効力を高めることと傷などの治癒にも有効的であるそうです。確かに実践をしますと多少のしびれはありますが疲労回復はとても適していると感じました。個人差はあると思いますので、身体に異常が起きた場合はすぐさまにはぐくみオリゴは停止するべきであるとは思います。加えて、浴槽などの変色や水つまりが起きた場合にも別の問題に張ってしまうことはあり得ると思われます。その場合もはぐくみオリゴを辞めるべきではあります。シャワー浴で済ましているには中々遠い話しかもしれませんが、一度試してみることは勧めます。今年の読売ジャイアンツに感じなかったものはやはり球界の盟主たる強さと威厳ではないでしょうか。それを強く感じたのは衰えの目立った打線にこそ強く感じました。まず長年チームを支えてきた阿部慎之助選手、かつてはリーグの打率、ホームラン、打点のランキングに毎年の様に顔を出し、打てるキャッチャーというイメージが定着していましたが今はどうでしょう、昨年の打率リーグ最下位、今年は心機一転、打撃に集中するという意味もこめての内野手コンバートでしたが一向に打撃は上向かず、終わってみれば故障もあったとはいえ最悪だった前年を下回る出来、ポストシーズンでバットを短くもちかえてヒットを量産したものの、何でそれをシーズン中にやらなかったのか正直疑問です。もう一人は村田修一選手、2011年オフ、勝利を目指してFA加入したにもかかわらず2013年を除いては全く打つ方での良いところが見られません。ましたや選手会長としてチームを鼓舞してるとも言えない村田選手、一体なんのために巨人に来たのでしょうか、お金なのかなと考えてしまいます。そして長野選手、昨年のオフに膝と肩の手術をして今年は故障明けのシーズン、本人も期するものがあったとは思いますがシーズンでは全くの不調、終わってみれば打率も2割5分と過去の成績から見れば考えられない成績でした。故障明けと考えれば仕方ないのかもしれません。来シーズンは新監督のもと、強い巨人を見せてほしいとつくづく思う今日この頃です。巷には健康に関する情報でいっぱい。アンチエイジングひとつとっても、いっぱいです。あれがいい、これがいい、とテレビでも雑誌でもネットでも次々と話題にのぼるし、それが口コミで広がって、はぐくみオリゴはスーパーの売場が空になるほどの影響力を私たちの生活に及ぼしています。逆に、身体に悪いもの、健康によくないものについても、様々なものが言われています。あれは避けたほうが良い、あれを食べるとこういう病気になる、などなど。テレビで言われたりすると、ましてや研究の第一人者やどこぞの教授といった権威ある人が言うと、なんとなくそうなのかな、と素直に信じてしまいますよね。もちろん、根拠の無いことは言わないだろうから、実際に何らかの効果はあるのだとは思いますが。けれども、そういうオリゴ糖の情報に振り回されて、今日はこの野菜、明日はこのドリンク…と、言われるままに求めていくのは、どうなのかな、と少し疑問に感じてしまいます。友人にある健康法を積極的に取り入れて生活している人がいるのですが、正直、あまり健康そうに見えないのです。むしろ、その健康法をやる前の方が、朗らかで元気そうでした。なんでだろう、と思ったときに、ふとその友人の言っていたことを思い出しました。ああでなきゃだめ、こうでなきゃだめ、先生はこう言っていたから、こうしなきゃいけない…。健康であるための知恵が、いつのまにかその人の生活や行動を束縛するものになっていたのかな、と思います。そういうの気にせず、好きなはぐくみオリゴを食べ、好きなモノを飲み、大きな声で笑い、伸び伸び闊達に暮らしている祖父を見ていて、何だかそれが一番の健康法なのかもな、と感じてしまいました。娘の視力がだんだんと落ちてきて、心配になっています。今のところ、0.2くらいなのですが、あまりよく見えないという話をしていました。勉強は頑張るほうで、夜遅くまで頑張っているのですが目が悪くなるのが心配です。高校生なのでこれからまだまだ目を使う事が多い時代の為、目の健康を考えさせられました。それで今年はブルーベリーのジュースをたくさん飲ませたのですが、一時期だけでは効果がないようです。それで今の時期としてはぐくみオリゴのエキスをうちで作ったものがあるので、それを一日に一度は飲むようにしました。ブラックチョークベリーのアントシアニンの量はブルーベリーの3倍くらいにもなるのですが、問題ははぐくみオリゴを食べると美味しくないということ。ジュースにしてもどうも渋い味が残って子ども達は、健康の為だけに我慢するというのは難しいものです。エキスだとその点、甘みもあるし渋みがなくなっているので美味しいといって飲んでいます。ただどんな食べ物でも副作用というものがあるので、気をつけないといけません。いいからといってあまり過多に摂取すると問題になるというのがあるようで。はぐくみオリゴの場合、消化不良や便秘を誘発するという内容がありました。娘は便秘でも悩んでいて一日に一度ヨーグルトを飲んでいるので、その点を考えてはぐくみオリゴも目を考えると3度ほど飲ませたい思いにもなるのですが、一度に控えることにしました。すべても物はバランスよくはぐくみオリゴを摂取することで健康を保てるようです。

オリゴ糖の種類とその特徴

 オリゴ糖は、ブドウ糖や果糖などの単糖類が2個以上結合した炭水化物で、
甘味料として用いられます。
「オリゴ」の語源はギリシア語の「オリゴス」で“少ない”を意味するため、
日本語では少糖(しょうとう)と表記されています。

 

 オリゴ糖は原料や構造によって様々な種類があり、
効能や効果をはじめとする特徴や働きに微妙な違いがあります。
『フラクトオリゴ糖』『キシロオリゴ糖』『大豆オリゴ糖』『ガラクトオリゴ糖』
『イソマルトオリゴ糖』『乳果オリゴ糖』『ラフィノース』などが知られていますが、特に明確な定義はなく、ショ糖や乳糖、麦芽糖などの二糖類も含むこともあります。

 

 “虫歯の原因にならない甘味料”として開発されたフラクトオリゴ糖(原料=ショ糖)は、胃や小腸では消化されず大腸まで届くことにより、我々の腸内に存在するビフィズス菌の餌となって増殖・活性化に役立つことが確認され、腸内環境の改善に役立つ機能性素材として知られるようになりました。 大豆オリゴ糖や乳果オリゴ糖など、その他のオリゴ糖にも同じ働きがあり、1996年に岡山県をはじめ全国的に発生した腸管出血性大腸菌<O-157>の集団感染をきっかけに、腸内の抵抗力を高める効果が期待されるようになりました。

 

 1991年に特定保健用食品<トクホ>制度が発足したことから、
現在ではオリゴ糖を使用した製品が「おなかにやさしい」「おなかの調子を整える」といった表示で数多く商品化され、高い効果を示しています。ただ、他の栄養素と同様、摂取すればするほど効果が得られる訳ではなく、商品にもただし書きがされているように、多量に摂り過ぎると一時的におなかが緩くなることがあるので注意が必要です。

 

各種ビタミンなどとは異なり、あくまでも腸内ビフィズス菌の働きを助ける間接的な作用ではありますが、腸内環境の改善による便秘解消のほか肥満や老化防止、さらには動脈硬化予防などの生活習慣病対策にも有用な素材として、その可能性には日本のみならず世界的にも関心が高まっています。

 

人ならではの乳果オリゴ糖の弊害

オリゴ糖による害はほとんどないと言われていますが、効果を逆手にとって大量に摂る事による弊害を害と取ることはできます。例えば、摂取しすぎによる下痢でしょうか。なんでも一度に大量に摂取するのはよくありません。そもそもダイエットや便秘解消を短期的に実現しようというには無理があります。これらは、生涯かけて取組む問題であるからで、それには日々満遍なく摂取するような仕組みを自ら作って取組むことが大切なのです。
 オリゴ糖は野菜や果物、蜂蜜などに含まれますので、自然界の中の食事でも摂る事は可能ですが、含まれる量が微量であるために、多くはサプリメントとしての摂取となります。このサプリメントが厄介です。自然界のものを中心に精製されていればいいのですが、添加物として甘味料や保存料、香料が含まれているものもあるのです。中にはオリゴ糖よりもショ糖、つまりは砂糖が多く入っているものもあるようです。せっかく糖分を控えめにしようと思って取組んだオリゴ糖だったはずなのに、実際には砂糖を摂っていたなんてシャレにもなりません。購入する時には、よく成分表示や、添加物表示を確認したいものです。
 ところで、乳果オリゴ糖の害を敢えて探すなら、乳糖不耐症というのがあります。人はほ乳類ですが、ほ乳類であれば避けては通れない宿命のような症状です。乳果オリゴ糖の原料は乳糖です。消化器官にある乳糖を消化するための酵素を持っている量に個人差がありますが、この酵素が減少して起きる症状のことを乳糖不耐症といいます。これはアレルギー反応によるものではありません。本来なら小腸で吸収されるはずのものが、酵素の減少により吸収されずに大腸まで届いてしまい、結果的に水用便の下痢の症状を引き起こすのです。また大腸にいる細菌や微生物により乳糖が分解されて発生するガスによって、お腹に張りが出たりゴロゴロしたりします。回避策は、乳製品を摂らなくする方法になりますから、該当する人は乳果オリゴ糖の摂取は避けた方がよいでしょう。

更新履歴